大戸屋風ばくだん丼はネバネバで食べやすい

大戸屋風ばくだん丼には、ご飯の上にネバネバする食材がたくさん載っています。マグロと相性の良いオクラや納豆、アカモク、とろろが入っており、かき混ぜて食べると、とろみがついて食べやすくなります。鰹本枯節と醤油で好みの味に調節できます。

腸の調子を整える食材

大戸屋風ばくだん丼に使われている食材は、腸の調子を整える働きをするものがあります。食物繊維が豊富なオクラは、ネバネバしています。排便を促進するアルギン酸が入っており、食物繊維との相乗効果が期待できます。納豆は、腸内細菌である善玉菌を活性化してくれるので、腸内環境を整えてくれます。アカモクは海藻です。ネバネバしており食物繊維が豊富です。脂肪燃焼作用や美肌効果もあります。とろろは、すりおろすと粘りが出てきます。ビタミンやミネラルが豊富で、老廃物の排出を促します。
おいしく、体に良い食材を一度に摂取することができる丼です。

おいしさの秘密

大戸屋風ばくだん丼は、オクラと納豆、アカモク、とろろの他にマグロや生卵、鰹節が入っています。コクや風味が加わり、さらにおいしく食べることができるようになっています。
これらの食材は冷たい状態で食べるのがおいしく、食べごろの温度になります。食事は、体を温めることで消化吸収を促進します。大戸屋風ばくだん丼と一緒に、みそ汁を飲むことも大切です。体の中がちょうど良い温度になり、胃に優しい食事ができます。