生協の宅食まとめ!どのコースを選んだらお得なの?

生協の宅食は評判もよく、様々なコースを用意しているため自分が食べやすいお弁当を注文できます。しかし、その注文をするにもまず各コースについて知らなければなりませんし、簡単にでも特徴をまとめてみましょう。

舞菜

生協が提供する宅食の中でも特に注目されているのが、この舞菜です。デイリーコープにて注文できるコースですが、塩分やカロリーなど健康に直結する要素をしっかりと管理しながらも満足できる量のおかずが並べられていることが特徴です。お年寄りはもちろん、若い女性でも十分満足できる内容量となっているので、老若男女頼りになる宅食なのです。また、舞菜自体も3つのコースに分かれており、スタンダードなおかず6品コースにガッツリ食べたいおかず8品コース、そしてご飯のついた舞菜弁当コースが用意されています。自分が食べたいスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

おかずコースとサイドメニュー

自分でご飯を用意される方は、おかずコースを選ぶとご飯が無駄になりません。ご飯を抜いたおかずのみのコースになりますし、糖質制限されている方にもうってつけです。ただし、ご飯のつくお弁当コースの方が料金は安く提供されている点に注意です。また、サイドメニューには生野菜サラダを追加可能です。サラダの内容は日替わりで変化し、コーンサラダやツナサラダなどが毎日ついてきます。野菜もしっかり取りたい方におすすめの宅食です。