神戸三田屋ローストビーフはコープで配達してもらえます

神戸の三田屋といえば有名なローストビーフのお店ですが、コープの一部の地域で配達してもらえます。お弁当だけでなく、地域の特産品まで配達してくれるのはバリエーションが増えて、食卓を華やかにしてくれます。たまには違ったものを食べることができてよいです。

コープの一部の地域で配達されています

コープと言えばお弁当や野菜のイメージも強いですが、地域の特産品も配達してくれることもあります。ローストビーフでしたら、食卓が豪華に見えますが、切って並べるだけですので料理方法としても簡単です。お弁当の味にも慣れてきて、いつもと違ったものが食べたいと思ったとき、違ったタイプの食材が出てくると、飽きがこないでまた食事をすることができます。

実際の調理方法

ローストビーフには塩コショウがまぶしてありますので、そのまま食べることができますが、添付のタレをつけるとまた違った味を楽しめるようになっています。添付のタレはポン酢のような感じのさっぱりしたものです。大根おろしやニンニクの味も含まれますので、お肉に合っています。ローストビーフは自然解凍をするのですが、すこし解凍してきたところに包丁をいれると、お肉が解凍しやすくなります。サラダと並べても彩りがよくキレイに見えますが、それだけで並べても重厚感があり豪華に見えます。ちょっとしたパーティーやビザやパスタと一緒に食べてもおいしい食事です。